マイケル・バーツァット

最高調達責任者兼ジョンソンコントロールズオペレーティングシステムバイスプレジデント

michael bartschat

マイケル・バーツァットは、最高調達責任者(CPO)兼ジョンソンコントロールズオペレーティングシステムのバイスプレジデントを務めています。当社はグローバルに調達機能を統合することにより、スケールメリットの活用、および調達資材、製品、サービスのコストと価値の最適化を図っており、バーツァットは最高調達責任者(CPO)としてその全体を指揮しています。

ジョンソンコントロールズオペレーティングシステム(JCOS)のバイスプレジデントとしては、エンジニアリング、調達、製造、サプライチェーン、環境、安全衛生部門を含めた、JCOSの部門の大部分を指揮しています。また、継続的改善および不動産部門に関する全体的な責任者でもあります。

さらに、バーツァットはジョンソンコントロールズとTyco社の合併に伴う、統合リーダーを務め、成長機会を把握し両社から受け継いだバリューを具現化する責務を負っています。

マイケルは2004年にジョンソンコントロールズに入社しました。最高調達責任者に任命される前は、自動車シート製品事業内で金属・メカニズム製品グループのグループ・バイスプレジデントとジェネラルマネージャーを兼務していました。それ以前は、トリムカバーおよびファブリックのグローバル製品グループのリーダーとして、自動車関連事業のアジア市場における拡大と統合を統率していました。過去には、マイケルは、工場のオペレーションおよびマネージメント、マーケティング、戦略的計画、エンジニアリングを担当していました。また、ロボティックスの分野において米国の特許を取得しています。

社会奉仕の面では、「白血病・リンパ腫協会」の評議会委員を務め、ミシガン州小児病院の募金活動にも尽力しています。

マイケルはハーバードビジネススクールの経営学修士号(MBA)マサチューセッツ工科大学(MIT)で機械工学の修士課程、カーネギーメロン大学で機械工学の学士課程を修めています。