介護老人保健施設 ヴィラかのや

共有先
共有

補助金を活用し EMS(エネルギーマネジメントシステム)を導入 省エネ・コストの削減、施設内環境の向上と業務の効率化に貢献

課題 Challenges
  • 施設利用者とその家族、職員にとって快適な施設内環境の整備と維持

  • 空調および給湯設備の老朽化に伴う、早期改修の必要性とエネルギーコスト削減

  • 施設を通常稼働させながら、短工期で行う大規模改修工事


ソリューション Johnson Controls solutions
  • 老朽化したセントラル空調システムを個別空調システムへ更新

  • 照明設備をLED化

  • 自然エネルギーとガスによる業務用給湯器を併用した、給湯システムの設置

  • ジョンソンコントロールズの小規模ビル向けビル管理システム「METASYS®インテリジェントターミナルアドバンス」をEMSとして導入。エネルギーを見える化し、「平成27年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」を申請


成果 Results
  • 照明設備のLED化、個別空調システムの導入により、快適かつ維持管理しやすい環境を整備。自動制御で職員の負担を大幅に軽減

  • 太陽集熱パネルと連結型ガス給湯器の設置により、エネルギーコスト、並びにCO2排出量の削減を実現

  • 「平成27年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」採択により設備改修初期投資費用を大幅に削減

  • エネルギー管理支援サービスにより、エネルギー削減量やコスト削減効果が可視化されることで省エネ意識が向上

  • 補助金申請要件である省エネルギー率10%を大幅に上回る34.1%を達成

「利用者様とご家族、職員の安全性を確保し、施設を稼働しながら工事が進行。補助金も採択され大変満足しています」

社会医療法人恒心会 副施設長 福田 隆一氏

事務長 上妻 幸治氏

このケーススタディーのpdfをダウンロードする

共有先
共有