エンパイアステートビル

共有先
共有

世界的ランドマークの大規模サスティナビリティ改修事例

背景

エンパイアステートビルは第二次世界大戦前に建設された格調高いオフィスビルで、延べ約20万平方メートルのフロアには、店舗、オフィスなどが入居し、放送電波塔としての役割も担っています。この世界で最も著名なビルで5億ドル超の改修プロジェクトが立ち上がり、その中核として、世界中のオフィスビルのモデルケースとすべく、2009年、エンパイアステートビルとクリントン元アメリカ大統領、ニューヨークのブルームバーグ市長は共同で包括的な省エネ改修プロジェクトを考案しました。


アクション
エンパイアステートビルは、最先端の技術に裏打ちされたサスティスナビリティ改修の革新的なアプローチの開発を目的に、クリントン気候イニシアチブ(CCI)のビル省エネ改修プログラムを利用し、ジョンソンコントロールズをはじめとするエネルギー効率を先導する組織を招集しました。そしてインフラの改善、設計の標準化、テナントのエネルギー管理、資産管理、賃貸計画、マーケティング戦略などがプロジェクトとして取り込まれました。

ジョンソンコントロールズはこの改修プロジェクトにおいて、大規模な窓ガラスの改修、高効率冷却装置、テナントがエネルギー使用量をオンラインで閲覧・管理できるSustainability Manager™を搭載したMETASYS®ビル管理システムなどで貢献しています。



年間エネルギー使用量38%削減および年440万ドルのコスト削減
プロジェクトは2011年から2年連続で削減保証額を4~5%上回る成果をあげており、すべての改修が完了すると、ビル全体で年間440万ドルのコスト削減が見込まれ、エネルギーの使用量も38%低減します。さらに、改修投資はわずか3年で回収され、向こう15年間で10万5,000トンのCO2削減が見込まれます。このプロジェクトはテナントの職場空間の生産性とサステナビリティを向上させるモデルケースとして注目を集めています。

「エンパイアステートビルの省エネ改修プロジェクトは2 年連続で大成功をおさめ、
予想をはるかに上回るエネルギー削減効果を実現して、
何百万ドルものコスト削減に成功しました。この取り組みは、世界で最も著名なオフィスビルが
サスティナビリティの点でも世界をけん引していることを明確に実証し、
省エネを取り入れたビルの改修によって、あらゆる不動産資産の価値を
向上させるとともに環境保全を実現できることを実証しています」
エンパイアステートビル社 アンソニー・E・マルキン氏

このケーススタディーのpdfをダウンロードする

共有先
共有