ミシシッピ州 オックスフォード高校

共有先
共有

省エネと総合的なテクノロジー手法で、地域の教育環境における
大胆なビジョンを実現

課題 Challenges
  • 新校舎設立に伴う設備のエネルギー量の拡大
  • 個別のデジタル教育を実現するためのシームレスなワイヤレス環境の構築
  • 校内のセキュリティの確保
  • 学区内の他校とのシステム統合

ソリューション Johnson Controls solutions
  • 建物のライフサイクルを通じて初期投資の早期回収が期待できる省エネ・省オペレーションの提案(エネルギーサービス契約:ESA) ※日本のESCOのような仕組み

  • P2000セキュリティ管理システムの導入

  • METASYS®ビル管理システムによるエネルギーシステムの制御・監視

  • 建設費、設置面積、保守費用を圧縮でき、将来的な拡張にも柔軟に対応できるモジュラー型の熱源プラントで熱源を供給

  • いくつもの業者のITシステムを統合して管理する技術保証契約(Technology Contracting™)を提案 ※米国で実施しているサービス


成果 Results
  • 年間で通常の家庭200戸分に相当するエネルギー量の削減や、年間CO2排出量の大幅な低減につながり、今後15年間で600万ドルの経費削減(見込み)
  • 1対1の個別デジタル教育の実現
  • セキュリティと安全性の向上
  • 学区内システム標準化の基盤を構築
  •  ミシシッピ州内の高校として初めて米国グリーンビルディング協会のLEED®シルバー認証を取得

「為せば成るということです。新たな学校建設を計画する場合、
今回の方法は施設の質を高めたり、
改善したりするための素晴らしい手法だと言えます」
オックスフォード学区 管理責任者 ブライアン・ハーベイ氏

このケーススタディーのpdfをダウンロードする

共有先
共有