X 閉じる
コネクテッドビルの技術で施設のパフォーマンスを最大化 第1回

ビルオーナーと設備管理担当者は堅牢な“コネクテッドビル“で、かつてないほどの豊富な情報と施設管理のための多くの選択肢を享受しながら、パフォーマンス向上を実現できます。

 

コネクテッドビルの技術トレンド


ビル設備とビルシステムの統合化・インテリジェント化が進み、ビルオーナーや設備管理担当者は、施設運営を最高のパフォーマンスで維持できる多くの最新かつ有益なツールを利用できるようになっています。

新世代のコネクテッドビルは、設備とシステムとビル内外のデータを強力な制御システムと精巧なソフトウェアアプリケーションで連結し、施設管理チームを中心としたネットワーク構築を実現させています。

毎日私たちが利用しているディジタル機器は、技術の進歩とともに常に形を変えています。特に、「ビジュアル化」、「M2M通信」、「モビリティツール」、「解析技術」という業界全体を動かす4つの大きな技術トレンドはビルシステムそのものを根底から変えようとしています。

コネクテッドビルを可能にする4つの技術トレンド-シームレスな設備管理を実現

1.ビルのパフォーマンス向上を推進するビジュアル化ツール
2.担当者の施設運用管理業務を強力に支援するマシンツーマシン(M2M)通信技術
3.設備管理担当者と施設を常時に接続可能させるモビリティツール
4.施設データを有効情報に変える解析技術

各技術のトレンドを見てみましょう。

 

1.ビジュアル化でビルのパフォーマンス向上を推進


複雑なデータをグラフィック表示することで、重要な情報を即座に伝えることができます。 
その良い例がダッシュボードです。ダッシュボードは分刻みでビルの最新パフォーマンス状況を提供してくれます。 
自動的に収集された最新データのグラフィックダッシュボードにより、設備管理担当者は情報をリアルタイムに把握できます。例えば、ダッシュボードが1週間のエネルギー使用量の変化をグラフ表示していたとします。もし人がいないはずの週末に消費量が減少していない場合、設備管理者はこの問題に対応することができます。」(Frost & Sullivan社 エネルギー&環境担当リサーチアナリスト、プラモッド・ディブル氏)

現在では、問題箇所を赤色で強調するなど、視覚的な技法を使ったり、使い勝手を良くするためにユーザーインターフェイスをカスタマイズしたりします。これは、ビルデータが単なる数字や表の羅列として表現されているのではなく、豊富なインタラクティブ情報として提供していることを意味しています。これにより施設管理者はより簡単に素早く重要な問題を見つけ出すことができるようになります。 

 ※最新の技術動向の詳細についてはJohnsonControls.com/KnowledgeCenterをご参照ください(英文のみ)

 

2.担当者の施設管理を強力に支援するM2M通信技術


スマート機器をはじとするさまざまな設備機器やシステムが相互に通信し、自動的にそれぞれの調整を図っていく-これがM2M(マシンツーマシン)通信と呼ばれるものです。M2M通信によるインテリジェントネットワークは施設管理において膨大な可能性を秘めています。
「M2M通信はすでに数多くの場面で活用されています。例えば、商業用火災報知器は煙を検知すると自動的に火災警報システムと通信し、警報を鳴らしてビル内にいる人を避難させることができます」(ジョンソンコントロールズ 戦略マーケティング担当ディレクター、ジム・シュウォルツ)

また、Microsoft社のWindows®製品担当マーケティングディレクター、ジョン・ドイル氏は「M2M通信によって、設備管理担当者はより効果的にリアルタイムデータに基づく行動がとれるようになる」と指摘しています。

複合施設を運営するために不可欠かつ繰り返し行われる手作業の多くはM2M通信で対応することができます。そうすることで、設備管理担当者は、ちょっとした不具合が大きな問題に発展することを防げ、慎重さや専門知識、時間を要するより重大な問題に集中することができます。 

次号は技術トレンド3、4の詳細をお伝えします。 

→出典:ジョンソンコントロールズ「Connected Buildings Make Technology A Path To Peak Performance」より