X 閉じる
ジェニファーの豆知識
リモート・オペレーション・センター(ROC)に潜入したい!

Q. ROCは何をしているところ?

サイトーさん、ジョンソンコントロールズには「リモート・オペレーション・センター」があるって聞きました。おもしろそうですねぇ。ぜひ中に入って見学したいデス!

突然どうしたんだい。ジェニファー、残念だけどそれはできないんだ。リモート・オペレーション・センターはお客様の生命線となる情報を数多く所有しているからね。そのためISMSを導入し、ISO27001の認証も取得して、セキュリティ設備を堅牢にしている。社員だからといって、気安く入れる場所ではないんだ。

 

Oh…それは残念です。ところでISMSとか、ISO27001ってなんですか?

 

ISMSは情報セキュリティマネジメントシステムの略称で、組織全体の情報セキュリティに関する厳しいルールを定めた経営システムのことだよ。ISO27001の認証は、このシステムを運用し、総合的なセキュリティ対策を施していることの証明になる。こうした厳しいルールがあるから、社員であろうと部外者が立ち入ることができないんだ。

 

  

そうなんですネ。ではワタシが入れない代わりに、サイトーさん、ROCに関しても教えていただいていいですか?

 

それならお安い御用だ。ROCはお客様の施設を24時間、365日、遠隔監視するサービスを行う拠点なんだ。

Oh!とっても便利!…な気もしますが、今ひとつ、ピンときません。

たとえば、まず、お客様の施設内で警報が発生したとき、ROCで即座にその情報をキャッチして、E-mailで警報通知を行ったりする管理業務がある。さらにモバイル端末の監視や、入退室管理、ビルの空調制御やエネルギーの使用状況など様々なことが遠隔監視で行うことができるんだ。現場の中央監視での操作が必要な場合は、ROCから遠隔操作プログラムを実施することも可能だよ。

オーナーさんはラクラクなんですネ!

そうだね。ROCで常に遠隔監視しているので、ビルオーナー様などのお客様にとっては、ビル管理を非常駐化や無人化することも可能になるんだ。さらにインターネットのインタラクティブ性と広域性を最大限に活かして、技術サポートや設備の効率的なエネルギー管理と運営をサポートすることもできるんだ。導入すれば、時間や労力の削減につながる。これがお客様にとっての大きなメリットになるよ。

Wonderful!ところでこうしたサービスはいつ頃からやっているんですか?

 

ほほほ、歴史に関しては私に任せてくれ。

 

 

Oh!カネコさん。相変わらずシンシュツキボツですね。今回もよろしくお願いします。


スタートは1994年。ダイヤルアップ接続による遠隔監視業務「リモート24」を開設したのが始まりじゃ。それから2000年にはROCと名称変更があって、翌年にはデータセンターの運用が開始される。このときにインターネット回線による遠隔監視になり、ROC内にデータサーバーとVPNセンタールータも設置されて、セキュリティも強化されたんじゃ。2013年には無線回線による遠隔監視を開始し、接続件数も300件を突破しておるぞ。そして2015年にはISMS情報セキュリティマネジメントシステムを導入しISO27001を取得して、今に至っておる。2016年11月からは、ビル管理システムMetasys®シリーズ用の新メニューの提供をはじめており、さらに接続しやすくなってきておるぞ。

  

Humm…そんな重要な場所、やっぱり行くことができないのは仕方ありませんね。 でもよく理解できました!アリガトウゴザイマシタ!

登場人物紹介

ジェニファー

米国出身。ジョンソンコントロールズ入社5年目の営業担当で、新人アキラの教育係。趣味は旅行。彼氏募集中。

 

斉藤さん

ジョンソンコントロールズのエネルギーエキスパート。45歳、ジェニファーの上司。趣味は切手収集と省エネ。


カネコさん

ジョンソンコントロールズの重鎮的存在。ビルオートメーションの歴史に関する知識に長けており、社内では“歩く社史”と呼ばれるほど。


アキラ

ジョンソンコントロールズに入社して間もない若手社員。帰国子女。草食系に見えて実は野心家。趣味のゴルフはプロ級の腕前。