X 閉じる
Chitchat with Jennifer ~おしゃべりジェニファーの成長記
スポーツ施設における最適なソリューションとは

Q. 最近話題のスマートシティ。スポーツ施設でも導入が進んでいるって本当? 



ボク、父の仕事の関係で10代をアメリカで過ごしたので、アメリカは第二の故郷なんです。入社してこんなに早く、またアメリカに来られるとは思っていませんでした!Thank you, ジェニファー。



アキラが頑張ってくれたおかげョ。テナントサーバーとMetasys®の提案が大成功だったから、アメリカ本社での研修に大抜擢されたんデスモノ。でも浮かれてばかりじゃダメデス。せっかくアメリカまで来たのだから、たくさんのことを肌で感じて、しっかりと勉強しないとネ!


Of course!あ、待ち合わせ場所にもう斉藤さんがきていますよ。
サイトーさ~ん、お待たせしました!



やぁ、ジェニファー、アキラくん。無事に本社での営業研修は終わったかい?私もちょうど出張中でね、せっかくミルウォーキーまで来たんだから、我が社の施工物件であるミラーパークを、実際にキミたちの目で見てもらおうと思って、ここに招待したんだ。



ありがとうございます!憧れのブルワーズのホーム球場、ミラーパークが我が社の施工物件だとは知りませんでした。広々としてきれいな場所ですね、 感動です。



いやいや、喜ぶのはまだ早いぞ。今日は研修の慰労も兼ねて、パーク内にある当社御用達のVIPラウンジで、一杯やりながらゲーム観戦を楽しもう!



Wonderful!!ワクワクします。ところでミラーパークでは、我が社はどのように関わっているのですか?

 

 

さすがジェニファー、よく聞いてくれた。ミラーパークでは、我が社のMetasys®ビルオートーメーションシステムが、空調や照明、火災報知機、セキュリティシステムなどをコントロールして、コスト削減を実現しつつ利用者が快適に過ごせるように最適な制御を行っているんだ。これから行くスイートルームでは、部屋ごとの利用者に応じて快適空間が創られるよう個別制御も行われているぞ。多くの人たちが集まる施設だからこそ、安全で快適な環境が保てるように我が社の技術をフル稼働させてミラーパークの評価を高め、ファンの心をがっちりとつかんでいるのさ。



Wow!最近のスポーツ関連施設へのソリューション提供としては、昨年発表された「ジョンソンコントロールズ殿堂ビレッジ」もありますネ!



おっと、我が社の名前が冠された殿堂ビレッジですか!



オハイオ州のカントンにプロフットボール殿堂があるのは知っているかい?現在約310名の選手が殿堂入りしていて、これまでのアメフトの歴史や殿堂入りした選手の銅像、ユニフォームなど、アメフトファンにとってはたまらないお宝が展示されている場所だよ。ジョンソンコントロールズは2017年にこのプロフットボール殿堂と、18年におよぶ歴史的提携を締結し、ネーミングライツを獲得したんだ。「ジョンソンコントロールズ殿堂ビレッジ」という名称で、史上初のスポーツとエンターテインメントのスマートシティを建設することを発表していて、すでに開発も始まっているんだよ。



アメフトはアメリカでは国民的なスポーツですからね!スーパーボールの盛り上がりはすごかったなぁ。国中、お祭り騒ぎでしたから…



Oh!ミラーパークもすごいけど、アメフトの殿堂と提携するなんて、スゴスギマス!



ははは、中身はもっとすごいぞ。現在開発が進んでいる「ジョンソンコントロールズ殿堂ビレッジ」は、10の主な施設で構成されているんだが、ここには殿堂博物館、トム・ベンソンスタジアムをはじめ、4つ星ホテルやプレイヤーのヘルスケア施設、そして家族で楽しめる屋内型ウォーターパークやバーチャルリアリティのアミューズメント施設などが計画されているんだ。



その施設で、我が社の強みを余すところなく発揮できる、というわけですね。



そのとおり。我が社は以前からプロフットボール殿堂と提携関係にあって、長年にわたって環境制御やHVACソリューションを提供してきたんだ。さらに今回の新しい提携を通じて、システム、製品、サービス、およびテクノロジーの大半を設置、導入、統合して、高度なデータ解析と接続性、効率性によって促進されるスマートシティを創造するとコミットしているよ。NFLの100回目のシーズンでもある2019年に完成する予定で、100周年記念を迎える翌年、そのリーグの祝典の中心となるのが「ジョンソンコントロールズ殿堂ビレッジ」というわけだ。



2020年は東京オリンピックの年でもありますねぇ。あっという間デス。



このほかにも、アメリカ本社があるミルウォーキーでは、NBAバスケットボールチームのミルウォーキー・バックスと新たなパートナーシップを締結しているんだ。ダウンタウンエリアに新たに建設されるウィスコンシンエンターテインメント&スポーツセンターのオフィシャル“スマートビル”パートナーとなることが発表されているよ。新しいアリーナの初の設立パートナーとして、施設全体に多様なビルテクノロジーとソリューションを提供することになっていて、ファン体験を向上し、ビルの効率改善、エネルギー使用量削減、競技場の環境負荷低減を実現する当社の取り組みに期待されているよ。



ジョンソンコントロールズ、大活躍デスネ!なんだか誇らしいデス!



あっ!そろそろ試合が始まりますよ、ジェニファー、斉藤さん、急ぎましょう!


 

バックナンバーはこちら