企業市民ベスト100社

共有先
共有

コーポレート・レスポンシビリティ誌、ジョンソンコントロールズを14位に選定

ジョンソンコントロールズは、コーポレート・レスポンシビリティ(CR)誌の第16回年間「企業市民ベスト100社」で第14位に選定されました。 このランキングは、7つの主要分野( 環境、気候変動、従業員との関係、人権、ガバナンス、財務業績、慈善事業)での実績が評価された結果です。 ジョンソンコントロールズは、このうち4つのカテゴリーでベスト20に入り、環境カテゴリーでは1位に選ばれました。

「ジョンソンコントロールズは、事業全般を通じて誠実さと説明責任に基づいて活動しており、全世界の当社拠点においてより良い世界にするようまい進しています」と、ジョンソンコントロールズ広報担当バイスプレジデント兼チーフ・ダイバーシティ・オフィサーであるグラディ・クロスビーは語っています。 「コーポレート・レスポンシビリティ誌から受けたこの評価は、従業員の取り組みを促進し、環境を保護し、操業地域のコミュニティをサポートすることにより、責任ある企業市民としてふさわしい存在であるとともに当社事業にふさわしい行動を取ろうとする姿勢を浮き彫りにしています」
「ジョンソンコントロールズは、事業全般を通じて誠実さと説明責任に基づいて活動しており、全世界の当社拠点においてより良い世界にするようまい進しています」と、ジョンソンコントロールズ広報担当バイスプレジデント兼チーフ・ダイバーシティ・オフィサーであるグラディ・クロスビーは語っています。
企業市民ベスト100社(100 Best Corporate Citizens List)は1999年のビジネス・エシックス誌に初掲載され、2007年以降はコーポレート・レスポンシビリティ誌が管理しています。 このリストの作成にあたっては、株式公開されたアメリカ企業を対象としたラッセル3000種銘柄で最高ランクの株式評価を得ているラッセル1000の全企業を、303種のデータポイントに基づいてランク付けしています。 リスト作成の方法論は、Corporate Responsibility Association(CRA)のRatings and Rankings Thought Leadership Councilが管理しています。

「コーポレート・レスポンシビリティ誌の企業市民ベスト100社は、自己申告のみに依存しない唯一の格付けです」とコーポレート・レスポンシビリティ誌CEOのエリオット・クラーク氏は述べています。 「当誌では、毎年、責任ある活動について報告を受けた企業を対象に透明性の高さを評価しています。 企業責任の取り組みにおいて、今年の企業市民ベスト100社に選定された企業に対し、心よりお祝い申し上げます」
共有先
共有