自動運転車について知るべき5つの情報

共有先
共有

自動車メーカーには、車両の安全性と燃料効率を常に改善し続けるよう大きな圧力がかかっています。自動運転機能が自動車に組み込まれる兆しが見られてもごく自然なことです。 これまで実に多種多様な懐疑論が巷を賑わせてきています。商品化される前に、自動運転車について当社でリストアップした中から、知っておくべき上位5つの情報をご確認ください。

  • 自動運転車の方が燃料効率は良い

    自動運転車には、ハンドルやフットペダルは付いていないため、車体重量が減る分、効率は高まります。 制御機能が高まる分、消費燃料も削減されます。 車両間の通信により、自動車が一定の速度制限を維持し、同じ道路を走る他の運転者を追い抜こうとして車線変更を繰り返すこともなくなります。

  • 車両自体に運転させた方が安全

    自動運転車にプログラムされた行動はただ1つ。 運転だけです。 一方、人間にははるかに多くのことを行う能力があります。 ENO Center for Transportationの調査によれば、走行中の事故の90%は運転者の過失が原因です。 車両間で通信可能な自動車は、アルコールの摂取、運転中のメール送信、食事、化粧、景色の観賞など、運転から注意力を奪う一般的な要素に誘因された人間の過失による事故や衝突を防止できます。安全第一の設計を備えた自動運転車は、シカなどの危険な対象物を何マイルも手前から検知できます。

「100年前は誰もが馬を乗り回していましたが、 馬の役割はすっかり変わってしまっています。 同じことが自動車にも起こるのではないでしょうか」
  • 自動走行機能は時間と手間を軽減する

    平均的なアメリカ人が運転に費やす時間は、一生の5%を超えています。 ハンドルが時代遅れの不用品となれば、人間の両手と心が路上への集中から解放されます。 自動運転車は運転者を搭乗者に変えるため、無料のバレットサービスを受けながら、メールをチェックし、友人と連絡を取り合い、映画観賞さえできる時間が生まれます。

  • ジョンソンコントロールズグローバルプロダクトイノベーション担当エグゼクティブディレクターのデイヴ・ムイレスの次の言葉が示すように、これは避けられない流れです。

    「100年前は誰もが馬を乗り回していましたが、 馬の役割はすっかり変わってしまっています。 同じことが自動車にも起こるのではないでしょうか」

    馬が自動車に置き換わり、手動トランスミッションが自動トランスミッションに置き換わったように、いつかは自動車の運転者が自動運転車に置き換わる日が来ます。 自動駐車支援、自動ブレーキ、レーン維持技術、人間の関与を必要としないオペレーティングシステムは、すべて自動運転車の実現が近づくステップです。 一度実現してしまえば、もう後戻りはありません。

  • 運転者のいない自動車の実現は意外に近い

    自動運転車がハイウェイを自在に走行するようになるまでには、自動車メーカー、自動車用品メーカー、高度な技術を持つ会社が多くの課題を解決する必要があります。 激しい雨、風に舞う雪、多種多様な車両間での共通言語の共有など、いくつもの難題が試作品の開発を阻んでいますが、 実際にはあらゆる自動車メーカーが自動運転車の開発に取り組んでいます。;

    「完全自律走行車を目指して、技術は年々進歩しています」とジョンソンコントロールズの先進製品開発担当バイスプレジデント、ハン・ヘンドリクスは語っています。 「当社では2025年が転換期になると考えています」

共有先
共有