ジョンソンコントロールズ、ニューヨーク証券取引所での株式公開50周年を記録

共有先
共有

会長兼CEOのアレックス・モリナローリをはじめとするジョンソンコントロールズの執行役員は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)での株式公開50周年を記念し、2015年10月9日にClosing Bell®を鳴らしました。

当時はジョンソン・サービス・カンパニー(JSC)と呼ばれ、1965年10月11日の初公開では普通株160万株が発行されました。 同年の収益は9,200万ドルでした。 2014年度、ジョンソンコントロールズの収益は420億ドルを記録しました。 1887年以降は毎年連続して配当金を支払っています。

「50年間、NYSEで株式公開していられるのは、現在までに当社で勤務経験がある世界中の献身的な従業員、そして、オペレーショナルエクセレンス、イノベーション、お客様の期待を上回ることに注力してきた当社の歴史をご理解くださっている株主の皆様に対して、当社の誠実さを証だてるものです」とモリナローリは語っています。
共有先
共有