世界で最も倫理的な企業

共有先
共有

エシスフィア・インスティテュート、ジョンソンコントロールズの卓抜した倫理を称賛

ジョンソンコントロールズは、企業倫理とコーポレートガバナンスの模範例を推進する独立研究センター、エシスフィア・インスティテュートが発表した2015年のWorld’s Most Ethical Company®に9年連続で選定されました。

この倫理的に卓抜したリーダーシップと企業行動を追求し続ける組織を際立たせる賞は、ジョンソンコントロールズをはじめ、選りすぐりの企業に授与されました。 世界で最も倫理的な企業との評価を受けた企業は、倫理、評判、自社ブランドとの日ごろのやり取りの相関性を理解しています。
この倫理的に卓抜したリーダーシップと企業行動を追求し続ける組織を際立たせる賞は、ジョンソンコントロールズをはじめ、選りすぐりの企業に授与されました。
「社内のコンプライアンスや倫理規定に従った誠実な行動は、ジョンソンコントロールズの価値観の核となります。この調査結果は、従業員の取り組みや生産性に関して卓抜した誠実さを文化として持つ企業が、優位に立つことを示しています」と、ジョンソンコントロールズバイスプレジデント兼コーポレートセクレタリー兼法務顧問であるブライアン・カドワラダーは語っています。 

世界で最も倫理的な企業は、エシスフィア・インスティテュートのEthics Quotient™の枠組みに従って評価されます。  この枠組みは、企業の業績を客観的かつ一貫性がある標準的手法で評価するため、長年の努力の末に開発されました。 コーポレートガバナンス、リスク、サスティナビリティ、コンプライアンス、倫理のあらゆる側面というより、重要な能力の判定基準として十分なサンプルデータを収集情報から取得します。 Ethics Quotient™の枠組みと方法論は、策定と入念な審査の後、エシスフィアが持つ第一人者(ソート・リーダー)のネットワークやWorld's Most Ethical Company Methodology Advisory Panel(世界で最も倫理的な企業の選抜方法論検討会)から収集した専門家の助言や情報により洗練されています。
共有先
共有