6年連続で「世界で最も倫理的な企業」に選定

共有先
共有

【2012年3月16日 米国ジョンソンコントロールズ インク本社(ウィスコンシン州ミルウォーキー)より発表】

米国ジョンソンコントロールズ インク(ニューヨーク証券取引所略号:JCI、以下ジョンソンコントロールズ)は企業倫理や企業の社会的責任(CSR)を専門とする国際的シンクタンク、米エシスフィア・インスティテュートが選ぶ「世界で最も倫理的な企業」ランキングに6年連続で選定されたことを発表しました。エシスフィア・インスティテュートは企業倫理や企業の社会的責任(CSR)、腐敗防止、サスティナビリティに関するベストプラクティスの確立と促進およびその共有に取り組んでいます。

ジョンソンコントロールズ バイスプレジデント兼セクレタリー兼顧問のジェローム・D・オカーマ(Jerome D. Okarma)は、今回の選定について次のように述べています。「ジョンソンコントロールズが『世界で最も倫理的な企業』の一社に選ばれたことを大変光栄に思います。この栄誉は、お客様の満足とサスティナビリティ、誠実性の実現に真摯に取り組んできた全世界16万2,000人の当社従業員の努力と献身の賜物であると考えています」

エシスフィア・インスティテュートが本ランキングを発表するのは今年で6回目となります。数百社を対象に、独自の手法を用いて詳細な調査と多段階に亘る分析による評価を行い、各業界において優れた評価を受けた企業を選定しました。選定企業は36以上の業種に及び、米国以外の企業が40社含まれています。
エシスフィア・インスティテュートのエグゼクティブディレクターであるアレックス・ブリガム氏(Alex Brigham)は、「強固な倫理基盤を持つことは企業に競争優位性をもたらします。ジョンソンコントロールズは企業の責任が収益改善に重要な役割を担っていると認識しています。毎年ますます多くの企業がこの栄誉を勝ち取ることに尽力している中で、ジョンソンコントロールズが「世界で最も倫理的な企業2012」に選定されたことは、同社が業界をリードして企業倫理に取り組み、誠実性に献身的であることを証明しています」と述べています。

「世界で最も倫理的な企業」ランキングの評価方法には、倫理規定・訴訟・規制違反歴の審査、イノベーションと持続可能なビジネスプラクティスへの投資についての評価、社会貢献活動の審査、シニアエグゼクティブ、業界関係者、サプライヤー、顧客からの推薦の検討などが含まれます。評価方法の詳細および「世界で最も倫理的な企業2012」のリストは、http://www.ethisphere.com/wme (英語)をご覧ください。


ジョンソンコントロールズ株式会社 ビルディングシステムズは、米国ジョンソンコントロールズ インク(Johnson Controls, Inc.)の日本法人(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長: マーク・カトラー/ Mark Cutler)です。空調制御用機器、ビル管理システム、自動制御機器、産業・舶用冷凍機器および装置、およびセキュリティシステム全般の設計、製造、販売、施工、サービス、エネルギーソリューション、ならびに統合ファシリティマネジメント事業を提供しています。
国内での導入業種はオフィスビル、商業施設、医療機関、教育機関、スポーツ施設、交通機関など多岐にわたり、数多くのランドマーク的存在の建物における施工実績があります。1971年6月設立。国内45事業拠点。詳細はhttp://www.johnsoncontrols.co.jp をご覧ください。


米国ジョンソンコントロールズ インクについて
ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する、業界トップクラスのグローバル企業です。16万2,000人の従業員が、ビルのエネルギー効率や運用効率を最適化する質の高い製品、サービス、ソリューションをはじめ、自動車用鉛酸バッテリーおよびハイブリッド車・電気自動車用先進バッテリー、自動車用内装システムの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナビリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまで遡ります。成長戦略とマーケットシェアの拡大によって、ジョンソンコントロールズは、株主への価値の提供と、顧客の成功の支援に取り組んでいます。詳細はhttp://www.johnsoncontrols.com をご覧ください。


エシスフィア・インスティテュートについて
エシスフィア・インスティテュートは、調査に基づいて企業倫理、企業の社会的責任、腐敗防止およびサスティナビリティにおけるベストプラクティスの確立、促進、共有に専門的に取り組む国際的な有力シンクタンクです。世界的に知られる「世界で最も倫理的な企業ランキング™」の発表が行われるエシスフィア・マガジンは、エシスフィア・インスティテュートが発行する季刊誌です。
エシスフィア・インスティテュートはコンプライアンスプログラムや倫理文化をサードパーティとして審査する唯一の機関です。エシックス・インサイド®サーティフィケイト、コンプライアンス・リーダー・ベリフィケーション™、アンチコラプション・プログラム・ベリフィケーション™などの審査・認定制度を提供しています。関連団体のビジネス・エシックス・リーダーシップ・アライアンス™は企業倫理に関するフォーラムで、100を超える大手企業や大学、研究機関が参加し、経験や専門知識、そしてコンプライアンスにおける新たな課題に対応する革新的な方法を共同で活用しています。ランキングプロジェクトや参加団体など、エシスフィア・インスティテュートの詳細については、http://www.ethisphere.com をご参照ください。


*本文中に記載されている社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
*このニュースリリースは、米国ジョンソンコントロールズ インクが2012年3月16日(米国時間)に発表したニュースリリース(英文)の抄訳です。
http://johnsoncontrols.mediaroom.com/index.php?s=113&item=2816

共有先
共有