コーポレート・レスポンシビリティ・マガジン誌の「企業市民ベスト100社」で第12位に選定

共有先
共有

【2014年4月24日 米国ジョンソンコントロールズ インク本社(ウィスコンシン州ミルウォーキー)より発表】

米国ジョンソンコントロールズ インク(ニューヨーク証券取引所略号:JCI、以下ジョンソンコントロールズ)は、今年で15回目を迎えるコーポレート・レスポンシビリティ・マガジン(Corporate Responsibility Magazine、以下CRマガジン)誌の「企業市民ベスト100社(100 Best Corporate Citizens List)」で、第12位に選定されましたことを発表します。環境、気候変動、エンプロイー・リレーション、人権、ガバナンス、財務業績、慈善事業の7つの主要分野で、当社の実績が高く評価され、この栄誉を勝ち取りました。グローバルで多角的にビジネスを展開する当社は2013年の14位よりランクアップしました。

ジョンソンコントロールズ会長兼最高経営責任者であるアレックス・モリナローリ(Alex Molinaroli)は次のように述べています。「今回の栄誉ある表彰は日々強い責任感を持ち、良い企業市民として業務にあたる世界17万人の当社従業員に与えられたものです。当社は仕事や生活において、かかわる全てのコミュニティに対して敬意を払い、思いやりを持って接することをコア・バリューとしています」

「企業市民ベスト100社」は1999年にビジネス・エシックス・マガジン誌が初めて発表し、2007年以降はCRマガジン誌によって運営されています。

CRマガジン社の最高経営責任者であるエリオット・クラーク(Elliot Clark)氏は「当社の『企業市民ベスト100社』は自己申告だけに基づかない唯一のランキングです。毎年、責任ある企業行動について報告のあった企業を対象に透明性の高さを評価します。企業的責任の取り組みにおいて今年の企業市民ベスト100社に選定された企業に対し、心よりお祝い申し上げます」と述べています。

このランキングは、ラッセル3000種銘柄のうち米国市場の時価総額上位1,000社で構成されるラッセル1000の全企業を対象に、298種を超えるデータをもとに評価しています。この選考手法は、コーポレート・レスポンシビリティ・オフィサーズ・アソシエーション(CROA)のレーティングス・アンド・ランキングス・コミッティによって管理されています。

 

米国ジョンソンコントロールズ インクについて

ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する、業界トップクラスのグローバル企業です。17万人の従業員が、ビルのエネルギー効率や運用効率を最適化する質の高い製品、サービス、ソリューションをはじめ、自動車用鉛酸バッテリーおよびハイブリッド車・電気自動車用先進バッテリー、自動車用内装システムの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナビリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまで遡ります。成長戦略とマーケットシェアの拡大によって、ジョンソンコントロールズは、株主への価値の提供と、顧客の成功の支援に取り組んでいます。

詳細は http://www.johnsoncontrols.com をご覧ください。

※本文中に記載されている社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

※このニュースリリースは、米国ジョンソンコントロールズ インクが2014年4月24日(米国時間)に発表したニュースリリース(英文)の抄訳です。http://johnsoncontrols.mediaroom.com/index.php?s=113&item=3270

 

≪報道関係の方々からのお問い合わせ先≫

ジョンソンコントロールズ株式会社

ビルディングシステムズ 広報グループ 村井(むらい)、平野(ひらの)

TEL: 03-5738-6054  FAX: 03-5738-6508 mailto:jp.pr@jci.com

 

 

共有先
共有