ゼネラルモーターズより「2014年GMサプライヤー・オブ・ザ・イヤー」 および「2014年GMオーバードライブ・アワード」を受賞

共有先
共有

【2015年 3 月 11 日 米国ジョンソンコントロールズインク (ウィスコンシン州プリマス)より発表】

2015年3月12日(水) – ジョンソンコントロールズ株式会社は、ゼネラルモーターズ(以下、GM)より、「2014年GMサプライヤー・オブ・ザ・イヤー」および「2014年GMオーバードライブ・アワード」を受賞いたしました。

3月5日(木)、アメリカ・デトロイトにて、GMより23回目となる年間サプライヤー賞「2014年GMサプライヤー・オブ・ザ・イヤー」が発表され、当社を含む世界中の自動車部品メーカーが表彰されました。同時に、「2014年GMオーバードライブ・アワード」も発表されました。両賞は、GM調達部門をはじめ、エンジニアリング・品質・ 生産・物流の各部門の責任者で結成されたグローバル・チームによって選出されています。

「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」は、GMの期待を超える成果を残した企業や、革新的な技術の開発・優れた品質・適時適切な危機管理、そして競争力のあるコスト戦略を実現した企業に贈られます。当社が同賞を受賞するのは、今回で5度目になります。また「オーバードライブ・アワード」は、GMに率先して貢献し、新しい文化をもらたらすなど、特別に優れた結果を導いたサプライヤーに贈られる賞です。

当社は長きにわたり、GMと協力し、同社の自動車シートの改良に尽力してきました。GM製品の新たな価値の創造に貢献してきた当社の功績が認められ、今回の受賞に至りました。

ブライアン・グレイディー(ジョンソンコントロールズ/副社長)のコメントは次の通りです。
「今回の受賞は、ジョンソンコントロールズのオペレーティングシステム事業がGMの自動車事業の能力を最大限に引き出し、品質・生産性・スピードの向上が評価されたものであり、GMとの強固な協力関係を築いた社員たちの顕著な努力の成果です。また、当社オペレーティングシステム事業の価値を、内外に改めて示すことができました」 。

スティーブ・キーファー(GM/副社長)は、 「数ある優良な自動車部品メーカーの中でも、今回受賞された企業の功績は目を見張るものがあり、その顕著な貢献に対し感謝しています」と述べています。

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1
みなとみらいセンタービル18F/19F
ジョンソンコントロールズ株式会社

≪お問い合わせ先≫
ジョンソンコントロールズ株式会社
オートモーティブシステムズ 広報 竹内絵里子
TEL: 045-752-8517
Email: eriko.takeuchi@jci.com

米国ジョンソンコントロールズ インクについて
ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する、業界トップクラスのグローバル企業です。17万人の従業員が、ビルのエネルギー効率や運用効率を最適化する質の高い製品、サービス、ソリューションをはじめ、自動車用鉛酸バッテリーおよびハイブリッド車・電気自動車用先進バッテリー、自動車用内装システムの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナビリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまでさかのぼります。成長戦略とマーケットシェアの拡大によって、ジョンソンコントロールズは、株主への価値の提供と、顧客の成功の支援に取り組んでいます。また、2014年にコーポレート・レスポンシビリティ誌(Corporate Responsibility Magazine)の「企業市民100社」で、当社は第12位に選定されました。詳細は、http://www.johnsoncontrols.comをご覧ください。

ジョンソンコントロールズ 株式会社 オートモーティブシステムズについて
オートモーティブシステムズは、自動車シート・オーバーヘッドシステム・フロアコンソール・ドアパネル・インストルメントパネルなど、自動車内装製品・シート製品を提供する世界的なトップ・サプライヤーです。 当社は、製品やテクノロジー、先進的な生産体制により、主要自動車メーカー各社の製品の差別化をサポート。世界各地に200ヵ所以上の生産拠点を持ち、あらゆるお客様のニーズにお応えする体制を整えています。
お客様には、単体部品から統合的なインテリアまで、当社製品の快適性とスタイルを享受していただいており、グローバルな組織力で、年間 5,000万台以上の車両に製品を提供しています。

共有先
共有